被リンクの話とこれからのSEO

突然ですが、被リンクの話をしようと思います。

というのも
ブラックハットとホワイトハットをオリンピック競技に例えてみる
を読んだのが書こうと思ったきっけかです。

去年の春頃から
被リンクを設置することに関して検索エンジンは
かなりシビアになっていると
いろんな情報を読んだり、話を聞いたりする内に自分自身もそういう判断が
正しいのだろうなぁと思うことが多くなりました。
(当時、Google社内ではスパムチームのデスクが増えてきたとか)

それまでの様に、サテライトを作って被リンクを設置する
ということを止めて、サテライトサイトというかリンクペイドのコンテンツは
きちんと作らないといけないと感じていました。

というよりも、怖くて被リンクなんて安易に設置できない!
という方が本音だったりします。

インハウスのSEOで一番恐ろしいのは、今の順位を落とすことで
今の順位が落ちようモノなら、その日は気が気でなくなってしまう。
当時は、そんな精神状態でやっていました。
もちろん、そういう一喜一憂するようなSEOの施策をしている自分が悪いのですが・・・。
被リンク構築を行うというよりは、内部のサイト構成をより強化し
ユーザも検索エンジンにも親切なサイトを構築するべきだ
というのが現状における僕のSEOに対するスタンスで、
それはきっとこれからも変わることはないのだと思います。

その上に、色んなスパイスを加えることが
おそらく、個々で考えるSEOなんだろうなあと。

事例から考える不正解ではないSEO

とある会社さまが運営するサイトのSEOを受け持ったことがあります。
(今は、退職してしまったので施策自体に携わっていません)
当時(去年の夏頃)この会社さまはSEO業者にお願いしていて、
正直「ダメ」なリンク構築をしていました。

サテライトサイトを作り、記事中から、サイドメニューから
当時、契約しているであろうクライアント先へリンクを設置していました。

これは、SEO業者ではよくやることで、驚きはしませんでしたし
当時のSEOはこの方法でも順位が上がったサイトもあったはずです。

さすがに、自分のお客さまになるサイトに
こういったリンクを設置するのは良くないと思い
すぐに業者との契約を打ち切ってほしいとお願いをしました。

そういうリンクはいずれGoogleは見破り、ランク下落の原因になるのだろうと。

その後、契約を切ってくれたお客さまのサイトは一気に順位を落としました。
(GRCを公開できなくて申し訳ないです)
自分の責任だと思いました。順位が落ちることも分かっていました。
一気に被リンクを削除されたサイトは当然、検索エンジンがおかしい
と思うでしょうし、そうあるべきでした。

それでも、自分が良くないと思ったリンクをつけたまま
順位を維持できたとしても
それは目先の順位を取りにいくだけで将来的には絶対にマイナスだと
関わる方に説明しましたし、自分が納得していないことを突き進めることに対して
違和感は捨てることができませんでした。

その後、順位は停滞しました。
落ちたままで、回復はしませんでした。
ただ、内部の構築をきちんとすること
リンクペイドのコンテンツを作って、意味があり価値のあるコンテンツを
数少なくてもきちんと更新しながら、それらのドメインを育てること。

これをひたすら続けました。
順位が上がらなくても、気にすることはしませんでした。
ただ、お客さまには大変ご迷惑をおかけしましたし
その分の検索エンジン経由からのアクセスをリスティングでカバーし
売上に貢献できるよう、努力しました。
そして、ペンギンアップデート、パンダアップデート。
順位は戻りました。1ページ目に表示されています。
(パンダアップデートが日本に導入された時は既に
退職していましたが・・・)

超がつくほどのBIGワードです。
それでも被リンクを減らして
ユーザに、検索エンジンに好まれるようなサイト構築を心がけました。
被リンクを設置したりすることは、順位決定における1つの要因であって
それが全てではないように思えた、事例です。

簡単にSEOができる時代ではなくなった

今回このような話を書いたのは
最早SEOとは被リンクだけではないということ、です。
そして、簡単にSEOができる時代ではないということ、です。

ペンギンアップデート
パンダアップデート

このアルゴリズム調整こそ、GoogleがブラックなSEOに対して
本気になって取り締まりをするぞ!という意思表示なんだと思います。

それでも、被リンクは当然必要だと思いますし
無くていい、という訳ではないと思います。

もちろん、あった方がいい。
それでも、無闇、矢鱈につける必要はありませんし
逆に順位が下落するリスクの方が高まります。
たった1つの事例で決め付けることは良くありませんが
間違いなく、被リンクがあれば、多ければ順位が上がる
ということではないのだということが、改めて実感できたことです。

被リンクだけではもう、SEOはできない。
そして、簡単に工数をかけずにSEOはできない。

広告

タグ: , ,

About macoto

http://dmg-tshirts.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。