代わりの効かない人材

当然の話だけど、組織は仕事に人をつけて
人に仕事をつけることはしない。

そうでないと、人が組織を去った時に
その仕事の行き場を失うからです。

一方で、できる人材ほど
その人にしかできない仕事を生み出し
それを価値として理解し自らの役割を果たそうとします。

それが、本当の意味での「人財」なんだと思います。

ここで、矛盾が起こります。
組織は仕事に人をつけたいのに
人は自分にしかできない仕事を見出したい。

誰かの代わりで回らないような仕事をしたい
と考えても、それは組織において難しいのではないかと
僕は考えています。

それでも、代わりの効かない人材になる方法は幾らでもあります。

その1つの方法が
センスで負けるなら、知恵を出せ
http://sem-labo.net/blog/2012/07/12/0710/
に書いてあります。

「数が全てではないけれど、数をこなさい人間には何も訪れない。」

あの人みたいになりたい!
そう想うことは結構ですし、とてもいいことだと思いますが
その場限りで終るのであれば、きっとそれは本物の想いではないのでしょう。

組織はどんどん、人(リソース)をコモディティ化しようとしています。
目の前に人参をぶら下げ、耳障りの良い夢を語り
あたかもそれが実現し、幸福な未来が待っていると
半ばデタラメなことを言う経営者もいるでしょう。
誰にも代わりが効かない仕事ができるようになるには
知恵を出して、仕事にぶつかっていくしかないのではないでしょうか。

「人罪」ではなく「人財」になれる第一歩が
既に、目の前に開かれているようにも思えます。
まずは、目の前のことを全力で、1%も手を抜かずに
やりきったかどうかを自分に問いかけてみるのが良いのかもしれません。

広告

タグ: , ,

About macoto

http://dmg-tshirts.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。