【SEM】検索エンジンマーケティングの変革

色々と取り立たされている最近のSEM(検索エンジンマーケティング)ですが
これからのトピックとして大きく、この2つかなと思います。

・Yahoo!リスティング 移行(システム変更)
・検索エンジンの変容(パンダアップデート前の)
と。

今年は、SEM業界においてはかなりの変更があるように思えます。

まずは、Yahoo!リスティングの移行から。

⇒ほぼ、Adwordsになるようです。
 現状、Overtureは物凄く使いづらいなと個人的には思っていました。
 ⇒キーワード単位での設定が面倒だった。
 
 検索クエリや、除外ワードがAdwords同様になるのはとても喜ばしいこと。
 これで、CVRの向上や更なるCVキーワードの発掘ができるのでは?
 と、個人的には嬉しいシステム変更です。
 
 部分一致の拡張は今でもありますが、それをきちんと可視化できることは
 広告主にとってはとても大きなプラス要因だと思います。
 
 「絞り込み部分一致」なるものも搭載されるようですが。。。
 だったら、フレーズ一致でいいのでは???と思わなくもないです。

 あと、デバイスやターゲティングの機能が充実するとのこと。
 ここは、実際に管理画面を見て動かしてみないと分からない所です。
 ⇒現行のAdwordsに則った形なのでしょう、恐らく。

個人的に、気になるところは
品質インデックスはどうなるのだろうか?ということ。

移行後は、全く0からになってしまうのか
それとも、きちんと引き継いでくれるのか。

現行のYahoo!リスティングだと、0~5の評価軸ですが
Adwordsは0~10

そもそもが違うので、どうなるのだろうか?
という疑問もあり
それが移行後、どういった扱いになるのか
という、疑問もあり。

基本、CTRが絡んでスコアが決まる現行のAdwordsの考え方からいうと
やはりクリック率なので
どのアカウントも、0の状態からスタートと考えた方がいいのかなあ?
とか思ったり。

それと、レポートもどうなるのかな。
現行のYahoo!リスティングはレポートを1年間に遡ってしか見れません。
移行後は、Adwordsの様に全期間みれたりしないのかなと。

PPCにおいては、如何に管理しやすいか
無駄なクリックを省いていくか
どんなキーワードでCVしたのか
そういった細かい所を追っていく、数字との戦いと思っています。

この細かい作業と、設計力がモノを言うのだと感じています。
そして、これから移行した後にはよりAdwords寄りのシステムが反映されると
考えれば、担当者によって数字が大きく変わっていくのだと思います。

「お客様」は誰なのか?
「PPC」におけるゴールは何なのか?

それを意識した、アカウント設計能力。
仮説発見能力。
コンテンツSEOへの提案

そういった人物が、必要なのかなと思っています。
細かい話は、また書くとして
次回は、検索エンジン(SEO)について。

なかなか時間がないので、集中して書けませんが
直ぐに手をつけたいと思っています。

それでは。

本記事では、Yahoo!リスティングと書きましたが
実際には、システムが移行しても
Overtureと言うのは間違いないです。

・・・時代を感じるだろうなあw

広告

タグ:

About macoto

http://dmg-tshirts.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。