求められるSEOの本当の意味

SEOと聞くとただただ
順位を上げればそれでいい、逆に
上がらなかったら、叩かれる
みたいな話はよくあります。

飽くまでブラックボックスの中で強いられる戦いを
どう決着つけるかは、永遠のテーマだし
それは、片付けようがない問題だと僕個人としては思っています。

じゃあ、SEOって必要ないのか?
となるとそれは全く違うし、絶対に行うべきで
特に、ニッチな商品やサービスを提供しているのであれば
必ず、参入すべきだと思う。

それは、障壁が低いし順位が上がる確率が高くなるから。
つまり、ニッチであろうが検索順位が上にいれば
クリック率は高まる。宣伝ができるということになる。
(それなりの対策はしなくちゃいけないけども)

結局は、CVの問題に帰結してしまうんだけど
ただ、SEOは窓口を広げる1つの方法として
検索エンジンのマーケティングとしては
必ず、語られる。

間違えやすいのは
自然検索で順位が上がったからと言って
全て叶えてくれるのか
っていうのは誤解。

ニッチワードで参入ができれば
それだけ、クリック率が高まって
ワードに付随するページがきちんと作られているなら
コンバージョン率も絶対に上がる。

これが出来ていないサイトはとても多いし
それだけ機会損失をしているということになる。

SEOは対象のワードで順位をあげる
ということが仕事だけど
それだけじゃ、人がいる意味がなくなってしまうから
今後は、CVまで考えてプロモーションなり
ディレクションできる、SEOプレイヤーが
とても優遇されるんだと考えています。

広告

タグ: , ,

About macoto

http://dmg-tshirts.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。